新卒入社社員 座談会

「わたしたちのキャリアビジョン」

メンバー紹介

営業推進本部

担当課長代理石井 裕史郎

2015年 入社

オペレーション本部 お客様サービス部

主任染谷 沙織

2014年 入社

営業推進本部 東日本営業部

課長代理井口 裕斗

2016年 入社

オペレーション本部 工事運用部 設定1課

山辺 佳奈

2018年 入社

可能性を秘めている
- ファイバーゲートを選んだ理由を教えてください

石井:私は、元々PCを触ることや英語の勉強が好きでした。
最初は学校の教師を目指していたのですが、そのうちに外国人と関わる仕事に興味を持ち始めたんです。より多くの外国人を日本に誘致するために自分は何ができるだろう?と考えていたころ、東京オリンピック・パラリンピックの開催が決まり、その気持ちが更に強まっていきました。
そんな中、就職活動でファイバーゲートに出会い、「Wi-Fi」の話を聞いて大きな可能性を感じたんです。Wi-Fiを使って外国人に何か良いサービスを提供すること、これが自分のやりたかったことだと直感しました。

井口:外国人誘致、本当にそれですよね。私は元々札幌出身で、北海道をとにかく盛り上げたいと思っていました。最初は公務員とか、金融業界に入って北海道に貢献しようと思っていたのですが、就職活動当時、訪日外国人の「爆買い」ブームだったんですよ。「Wi-Fi」の話を聞いたときに、これに乗っかろうと思って。Wi-Fiって外国人に親和性ありますよね。Wi-Fiを使ってたくさんの外国人を北海道に誘致できれば、北海道を潤すことに繋がるかもしれないと。僕がやりたいことにマッチしていると感じました。

山辺:会社説明会のとき、当社のフリーWi-Fiの導入実績として東京タワーの事例が紹介されました。私はWi-Fiについてそれほど詳しくなかったのですが、東京タワーにWi-Fi環境を整備することで、日本人だけでなく外国人にも活用されていることを知りました。東京タワーとは、すごいですよね!
また、自販機にもWi-Fiが設置されているという話を聞いてすごく興味を持ちました。Wi-Fiっていろんな可能性があるなって。

染谷:私はテーマパークなどのエンターテイメント業に興味があったのですが、今は遊園地でもWi-Fiが使えますよね。
全国のテーマパークで来場者を楽しませるためにWi-Fiを活用したサービスが増えたら面白いと思いました。
それと、私がこの会社に惹かれた理由のひとつは、スピード感がある会社だと感じたことです。自分のアイデアを実現できるスピードも速いかもしれないと思いました。

協調的かつ情熱的
- 実際に入社して感じた当社の雰囲気を教えてください

山辺:社会人は「分かっていて当たり前」「出来て当たり前」な世界だと思っていましたので、就職する前はすごく不安でした。特に当社は通信サービスを扱う会社なので、専門知識も何もないのに大丈夫かなって。でも実際に入社してみたらそのような不安はすぐに吹き飛びました。一から丁寧に教えてくださる先輩がたくさんいて、とても安心できました。わからないことをすぐに聞ける人が周りにいるということが心強くて嬉しかったです。

染谷:わたしもそうです。当時は正直、通信業界はお堅い雰囲気なのかな、と少し身構えていた部分があります。でも実際はアットホームな雰囲気があって、それでいて情熱的なところもある。わたしの直属の上司もエネルギッシュな方ですし、とても働きやすい環境です。

全員:確かに部長エネルギッシュ!!(笑)

井口:私は、営業職というのは競争意識が高いのかなと思っていたのですが、みんな何でも教えてくれます。聞ける環境があるんですよ。部長との距離も近いしみんなフレンドリー。入ったばかりの頃は本当に意外でびっくりしました。当社には社内Barがありますが、そこで他部署の社員と交流する機会もあって仕事がやりやすいです。

石井:社内Barはいいですよね!私はお酒が飲めないのですが、アルコールを強制するような人はいないし、和やかに懇親できるので本当に助かりました。(笑)当社って縦の関係が強いと思いきや、全然そんなことなくていい雰囲気ですね。

井口:私からひとつ提案があるのですが、社内Barをもっと活用しません?
もっと社内のコミュニケーションが深まるような楽しい企画を考えて、会社全体で楽しいことしましょうよ!

石井:ぜひやりましょう!後で打合せしましょう!(笑)

キャリアプラン
- 今の目標を教えてください

井口:北海道を盛り上げたいという気持ちはまったく変わっていないのですが、個人でできることには限りがあると思います。大きなことを成し遂げるにはやっぱりチームが必要で、私はそのチームを引っ張りながら大きなことをしたいなと。
今、私はチームリーダーとして4人のメンバーをまとめる立場にいるのですが、部下を成長させるためにはどうしたらいいのか?とか、自分はどういう動き方をしたらチームを良い方向に導けるのか?とか、考えることが山ほどあって。日々マネジメントを勉強しているところですが、この環境は自分の将来のためにとても良い経験になっています。
マネジメントの力を付けて、近い将来、北海道を僕の手で変えたいと本気で思っています!

石井:その目標かっこいいですね!私は、手に職を付けたいと思っています。まずは自分自身の力をつけたいです。独立というか、一人でビジネスできるようになりたいんですよね。
私は営業職ですが、実は営業にもいろんな仕事があります。だから自ら率先して手を挙げるようにしています。つい最近ですが、動画コンテンツを作ったりもしました。映像やデザインのスキルも身につけいと思っていたので、楽しく制作できましたよ。

井口:え!動画の制作ですか?どんな動画ですか?

石井:販促ツールの1つなのですが、展示会やフェアに出展した際に動画を流したほうが来場者にアピールできるのではないかと思って。この機会に自分で作ってみようと。短い動画ですが、いろんな編集ツールを使ってみました。慣れていないので80時間くらいもかかりましたけど(笑)、こうやってどんどん自分の幅を広げていこうと思っています。

染谷:私の部署はサポートセンターなので、部署全体で支え合い、協力し合うことが大切です。毎日不特定多数のお客様からお電話を頂くので、同じお客様に複数の担当者で対応するということが少なくありません。今、私がお話しているお客様は、あとで別のメンバーとお話するかもしれない。そう考えると情報共有も必要ですし、信頼関係が重要になってきます。だから私は、誰からも信頼される人でありたいと思っています。

山辺:私はいま、様々な知識の吸収に集中していますが、これからはその知識を「使える」人になりたいと思っています。通信やネットワークを扱う仕事なので、専門分野の知識も習得し、それを生かして活躍していきたいです。

働き方の多様性
- 今後どのような働き方をしていきたいですか?

石井:私はいろいろなスキルを身につけたいので、仕事以外の時間で他の分野の勉強もしているんですよ。
当社は自分のやるべき仕事、ミッションをクリアすれば後は自由に時間を使えます。自分で時間をコントロールできるので、工夫次第で自分の可能性を拡げることができると思います。
当社には「副業制度」もあるので、いずれはそういう制度も利用したいなと思っています。

井口:私は今、営業をやっていますけど、実は、人事とか広報など人に何かを発信する仕事にも興味があるんですよ。密かに新卒採用とかやってみたいと思っています。

全員:そうだったんですか!!

井口:社会人になって勉強することが少なくなった気がするので、今はいろんな資格を取得するために勉強をしています。いずれは、その勉強に当てている時間を自己実現のための仕事や、やってみたい仕事をする時間に変換することも考えています。当社で人事をやってみてもいいし、副業で新しいことにチャレンジしてみるのもいいかなと思っています。

山辺:当社は資格の取得を推奨していますよね。私はとにかく今出来ることを一生懸命やっているところですが、まだまだ覚えたいことがたくさんあるので、専門性の高い資格なども取りたいと思っています。社会人になって勉強するというのはなかなか難しい部分もありますが、高度な資格を持っている先輩方も多いので見習いたいですね。

染谷:当社ではいろいろな働き方ができますよね。私の部署の勤務時間はシフト制なのですが、休みの希望も出せるのでオン・オフの時間を自分でコントロールすることができています。出勤時間も様々なので、アルバイトの方やパートの方も含めて、皆さんご自身のライフスタイルに合った働き方をしています。

山辺:お客様サービス部は在宅勤務の方もいらっしゃいますよね。

染谷:はい。当社は在宅ワークも推進しているので、家庭を持ちながら働いている方には有り難いでしょうね。
私のように在宅ワークが向かない人もいるとは思いますけど(笑)、女性が多い部署ですし、今後のワークライフバランスを考えると良い制度だと思います。

わたしたちからのメッセージ

全ての人が最初で最後の「新卒採用」として各企業の入社を経験します。迷いや不安があって当然です。私たち先輩社員もそうでした。その不安をいかに解消し、共に楽しく働けるようにするか、それは私たち先輩社員のミッションです。皆様が、希望を胸に入社していただけることを心よりお待ちしています!