キャリア採用座談会

「ファイバーゲートの魅力」

メンバー紹介

営業推進本部

担当課長代理宇佐美 智仁

2017年 入社

営業推進本部 特販営業部 東京グループ

係長橋本 絢香

2017年 入社

製品開発本部 製品開発部

シニアエキスパート田 園

2017年 入社

オペレーション本部 お客様サービス部

朴 兌眞

2017年 入社

可能性への挑戦
- 入社した理由を教えてください

宇佐美:私とファイバーゲートの出会いは、前職で勤めていたバス会社に、ファイバーゲートの営業担当者がWi-Fiサービスの提案で来社してくれたのがきっかけでした。そのとき初めてバスWi-Fiというサービスを知りました。
転職の動機は、そこで出会ったファイバーゲートの社員の人の良さと、Wi-Fiの可能性に惹かれたことです。Wi-Fiには未来があるな、と思えたんです。その当時来社してくれた2名の営業担当者と今一緒に仕事をしているというところにも深い縁を感じます。

橋本:私の場合は、ファイバーゲートに勤めていた知人からの紹介がきっかけでした。ちょうどその頃、Wi-Fiについて考えるようになっていたんですよね。東京2020オリンピック・パラリンピックの開催を控えているので、可能性の大きな業界だなと思っていました。前職は大手保険会社で、どちらかというと安定した会社でした。通信やWi-Fiなどは全く知らない業界でしたが、これから成長していく会社に入って、自分も会社と共に成長できるのではないかと思いました。

:私はこれまでシステムエンジニアとして働いてきましたが、転職活動をしていたときに現在の直属の上司となる方からお声がけをいただきました。ファイバーゲートは4社目なのですが、それ以前に勤めた会社はそれぞれ業種が異なっていました。私はITの開発スキルはどの会社でも活かせる仕事だと確信していましたので躊躇はありませんでした。

:私はホテル業界の出身です。通信に関しては詳しくありませんでしたが、私は日本語と韓国語が話せるので、ファイバーゲートのサポートセンターが日本語以外の言語で会話できる人材を求めていることを知り応募しました。
多くのホテルでは、インターネット環境が整っているとは言え全室にWi-Fiが完備されているところはまだ多くなかったので、転職活動中に求人媒体でファイバーゲートを見つけたとき、Wi-Fiの普及に関わる仕事ができるということに魅力を感じてファイバーゲートへの転職を決めました。

: たしかに、ホテルにWi-Fiが無いと本当に不便ですよね。私は旅行が大好きなので、海外旅行にいくとWi-Fiのありがたみを実感します。今ではホテルのみならず公共の場所でもWi-Fiが必須になってきていますし、今後ますます普及していくと思います。

:面接の会場ではとても緊張していたことを覚えています。そこで今の上長の面接を受けたのですが、最初は緊張のあまり上手く話せなかったんですよ。そんな状態でも両手を広げて私を待っていてくれて(笑)、言葉の壁も国籍の壁も感じませんでしたね。この会社なら自分も活躍できると思いました。

チャレンジする楽しみ
- 新しい仕事に挑戦するときはどんな気持ちでしたか?

橋本:私は、不安よりも楽しみのほうが大きかったです!
最初は業界のことや当社のサービスを勉強するのが大変でしたが、自分の知識が増えてきたり、出来ることの幅が広がってくることが日々実感できて楽しいですね。今は、自分が出来ることの枠を広げていくことに注力しています。

:私も新生活や新しい同僚と出会うことが楽しみでした。新しい自分に出会うこともできますし。
業界によって会話も異なるし、用語も違う。私は前々職、マンガの会社にいたんですけど、その時は営業さんからマンガのことや、その業界の話を日々聞いていたんですよね。今の会社では、Wi-Fiだけでなく不動産や製造等、幅広い業界の話が聞けます。新しい環境はやっぱり刺激的ですよね。
また、一般的なアプリケーションの開発と違って、Wi-Fi関連のシステムではより専門的な通信技術を利用する必要がありますので、今まで詳しくなかった分野の技術を勉強できる点も楽しみでした。

: 詳しくない技術を勉強できることが楽しみとは、前向きですね! 私の場合は日本語をもっと上手になりたいので、この会社で鍛えようと思っています。

宇佐美:バスのWi-Fiというと、従来はモバイルルータを用いるスタイルが主流なのですが、そんな中、ファイバーゲートはバスの車内をWi-Fi化するための専用の機器を企画・製造し、その上でソリューションを提供しています。バス向けに特化したWi-Fiサービスを展開しているということがとても魅力的でした。私はバスにおけるWi-Fi環境の重要性を身を持って知っているので、このサービスを自分で世の中に拡げていきたいと思っています。

:私も、新しいことや別の仕事にもチャレンジしてみたいという気持ちが強かったんですが、今も前職と同様、電話応対という形で毎日お客様と接しています。環境は違いますが、お客様のお役に立ちたいという気持ちは以前と変わっていないと思います。

宇佐美:私も似ているかもしれません。バスが好きで小さい頃からバスを運転することが夢でした。バス業界をもっと良くしたいという想いから転職を決意したので、業界は違っても向いている方向は今も同じです。

橋本:宇佐美さんは本当にバスを愛していますね(笑)

宇佐美;そうなんですよ!ほら!バスのミニカーをもち歩いているんですよ!

全員:えー!可愛い!!(笑)

宇佐美:本当にバスが好きなんですよ。でも、私にも全く不安がなかったわけではありません。
Wi-Fiというものを100%理解していたわけではなかったですからね。でも、知らなければ勉強すればいいし、むしろゼロから入った方が色々なことを吸収できて楽しいと考えるようにしています。
勉強したいとか、進化するものを追いかけたいという気持ちがある人は、楽しめる環境なんじゃないかなと思います。

成長を実感
- 入社してよかったと思うことを教えてください

:当社のサポートセンターは、Wi-Fiの利用方法に関する質問などへの対応だけでなく、工事の内容や日程の調整、サービス全般に関する質問等、内容は多岐に渡ります。それどころか、サービスを提供する対象によってもご案内の内容が異なります。最初はかなり戸惑いましたが、少しずつ覚えていくうちに、どのようなお問い合わせにも対応できるようになっていきましたので、その成長過程が楽しかったですね。

橋本:朴さんは日本語を上達したいという目標がありましたよね?

:はい。入社する前は敬語をうまく使えなかったので最初は苦労しましたが、今ではかなり上達したと思います。
気がついたら、お客様から日本人だと思われるくらい自然に話しができるようになっていて、本当に嬉しかったです。

宇佐美:本当に自然ですよね。誰かに教わったりしたんですか?

:毎朝、部署のメンバー全員で声をだし、敬語の練習をしているんです。マニュアルも充実しているので、そういう体制に助けられた部分が大きいと思います。

:私の場合、システム開発を担当しているので新しく覚える内容は技術的なことが多いです。最初に携わった開発案件は、まったく新しい画期的なサービスで、とても面白かったんですよね。また、別のシステムを担当するときは、今まで経験のなかったプログラミング言語(Node.js)を使わなくてはならなくて、一から勉強しました。でもそれをやり遂げることができて嬉しかったですし、毎日新しい挑戦が楽しいです。

宇佐美:当社は若い社員が多いこともあって、新しいことを吸収するスピードが早いと思います。そんな姿を見ていつも感心していますし、自分にも良い刺激になっています。
また、当社には、オンラインセミナーを無料で受講できる制度がありますよね。私は結構それを使って興味のあるセミナーを受講しています。自分が身につけたいスキルを自分のタイミングで勉強できるというのはいいですね。

明確化された役割と組織体制
- ファイバーゲートの魅力を教えてください

宇佐美:この業界で、製造からサポートまでを一気通貫で行うというのは本当に特異で、すごいことだと思います。
通信機器メーカーであり、ISP(インターネットサービスプロバイダ)であり、保守から顧客対応まで、すべてを内製化しているというのが最大の魅力だと思います。

:今はいろいろな業界でアウトソーシングが幅広く取り入れられていますが、当社のような事業形態には内製化が適していると思います。何から何まで自分たちでやらなければならないという大変さはありますが、コミュニケーションも取りやすいですし、何よりスピード感が違いますよね。そこが大きな特徴だと思います。

:私がこの会社で魅力と感じているのは、日本人だけでなく様々な国籍を持つ人たちにも働きやすい会社であるというところです。差別されることもないし、むしろ求められている環境です。最近は訪日観光客の方々からのお電話も多いので、私以外の外国籍の社員も活躍できていると思います。

宇佐美:当社のサービスは多言語対応のサポートを売りにしていますので、外国籍の社員が多く在籍していて私たち営業にとっても本当に助かっていますよ。この多言語対応は当社の圧倒的な強みですから。

橋本:入社したての頃は業界のことをほとんど知らなかったので、自分の役割がきちんと明確化されていてとても助かりました。ともすると、営業事務というと業務範囲が漠然としがちですが、一連の事務であってもここから先は営業、その先は他の部署、といった具合に明確に整理されていて、自分の役割に集中できるのは良いことだと思います。

宇佐美:当社は人数の割に部署が多く、細かく役割が分かれていますが、横の繋がりもしっかりしているのでスピード感が落ちることはありません。とても効率の良い動き方だと思いますし、それぞれの部署が自分の仕事に集中できますよね。私は、この点も他の会社にはない魅力だと思います。

:アウトソーシングしている業務があれば、内製部分と外注部分の接点や委託先とのコミュニケーションに苦労することも多いと思いますが、当社が一気通貫で行っているからこその強みですね。

宇佐美:今回、この座談会を通じて、参加された皆さんの入社の動機や現在の想いなどを聞くことができて、とても有意義でした。ますます意欲が沸いてきましたよ。日本中のバスをWi-Fi化しましょう!

全員:またバスですか!(笑)

わたしたちからのメッセージ

今回の座談会では、異業種から新しいチャレンジをした社員がフォーカスされていますが、当社には同業種(IT系企業)から転職されてきた方も多く在籍しています。急速に成長しているこの業界で、ご自身のスキルをさらに磨き、より一層ご活躍いただけるチャンスです。まずは気軽にWi-Fiの話だけでも聞きにいらしてください。お会いできることを楽しみにお待ちしています。