トップメッセージ

– MESSAGE FROM THE PRESIDENT –

『相手のために力を尽くす方』や
『自己責任を意識できる方』を求めています。

代表取締役社長 猪又 將哲

当社は商業施設や店舗向けの「Wi-Fiサービス」と、「集合住宅向け入居者無料インターネットサービス」という電気通信サービスを手掛けています。独自の機器・システムを内製で開発することにより顧客ニーズを迅速に実現化し、そこで他社との差別化を図り、お客様によりよいサービスを提供することを心がけています。今後はフリーWi-Fiサービスをプラットフォーム化し、Wi-Fiサービスにおける新たなマーケットの創出に取り組んでいく計画です。

当面の目標としては、集合住宅向け入居者無料インターネットサービスの供給戸数では30万戸(現在は既に日本トップクラスの全国19万戸)、フリーWi-Fiサービスではプラットフォームの提供数で10万アクセスポイント(現在は約6万アクセスポイント)、をそれぞれ目指しています。さらに、より長期的には事業の舞台を通信に限定することなく、”ニッチマーケットで高いシェアを狙える“事業には積極的に展開していきたいと考えています。ただし、その場合も社会の発展に貢献できる分野への注力が大前提となります。

そういった中、社員に対しては、仕事を通じて自己実現を目指してもらいたいと当社は考えています。当社の展開する領域はニッチかつ新しいマーケットということもあり、「こうやっておけば大丈夫」というモデルケースがあるわけではありません。したがって、自ら考え、行動し、創り出すことが非常に重要となります。これは簡単ではありませんが、極めてエキサイティングなプロセスです。当社はそういった経験を得る機会を社員に提供できると確信しています。同時に、社員はそれをテコに自分自身を成長させていただきたいのです。

同時に、相手を主語にし、筋と仁義を通すという価値観もまた共有したいと考えています。相手を主語にするというのは、サービスの提供相手(お客様や同僚など)の立場に立つということ。そして、筋と仁義を通すとは、正論を堂々と主張できる実力を持つということです。相手の立場をしっかり理解し、高い付加価値を提供することができれば、個々の社員の成長は当然として、会社も大きく発展することができます。「ありがとう」を組織として集めることのできる企業、それが当社の目指す姿です。当社では、それをともに目指したいと考える方との出会いを期待しています。