社長メッセージ

「相手のために力を尽くす方」や「自己責任を意識できる方」を求めています。

Wi-Fiサービスの強化・拡大が成長の鍵。更なる圧倒的シェアを目指します。

現在、当社の成長を牽引している大きな強みは、商業施設や店舗向けの「Wi-Fiサービス」と、「集合住宅向け入居者無料インターネットサービス」という電気通信サービスですが、独自の機器開発~システム開発にいたるまで内製化することにより、顧客ニーズをスピーディに実現化することがビジネスモデル上の強みとなっています。特に今後はフリーWi-Fiサービスをプラットフォーム化していくことで、競合他社との連携を図り、Wi-Fiサービスにおいて新たなマーケットを創出することを中期的な目標としています。集合住宅向け入居者無料インターネットサービスの供給戸数は既に日本トップクラスの全国9万戸まで伸び、現在は20万戸到達を目指して営業を強化しています。また、フリーWi-Fiサービスにおいては、プラットフォームの提供数が2万アクセスポイントを越え、5万アクセスポイント到達を目指しています。国内唯一のフリーWi-Fiプラットフォーマーとして圧倒的なシェア獲得を目指します。

ベンチャー企業には、NO.1になるために努力できる社員が必要です。

今後の展開としては、何も通信分野だけにこだわろうという気持ちはありません。正直なところ、利益が出て人が成長できれば、手掛ける事業は何でもいいと思っています。ただ、その事業を選択するときの条件は決めています。それは"ニッチマーケットで高いシェアを狙えること"。我々のようなベンチャー企業は、大手が参入している巨大マーケットでは戦えません。ニッチマーケットで一番手になることが、生き残る道だと考えています。社員には、NO.1になるために努力できる人材であることを求めます。オンリー1ではダメです。「今のままでいい」という甘えが出る気がします。NO.1を目指すからこそ、達成するまで努力を続けるのだと思います。達成したらしたで落ちていくのが嫌になりますので、NO.1を維持するための新たな目標を設定して努力を積み重ねていくと思います。その先にあるものこそ、個人と会社の成長です。

「相手のために力を尽くす方」や「自己責任を意識できる方」を求めています。

求める人物像の大前提は、「NO.1を共に目指して頂ける方」です。その中で、私が仕事をする上で大事にしている行動原則に共感できる方にご応募頂きたいと思っています。

大事にしている行動原則は、ふたつあります。ひとつは、「人の心はどこにあるのか」という考え方です。この言葉の本質は"相手の気持ちを理解し、相手のために力を尽くす"ということです。ふたつめは、「利は元にあり」という考え方です。これは、商売の極意として昔からある言葉です。お客様が求める商品を揃えておくこと、つまり上手な仕入れが利益を生むという考え方です。私は転じて"すべての責任は自らにある"という意味として捉え、自分自身の戒めにしています。良いことも悪いことも、元を正せば自分の行動により生じた結果だと思います。こうした考えに共感できる方との出会いを期待しています。

ページの先頭へ戻る